印鑑はデリケート

印鑑イメージ

印鑑は素材により手入れの 仕方がそれぞれです。
もちろんお手入れ次第で印鑑の寿命も変わります。

印材の種類は豊富で、多くに天然素材が使われている為、乾燥を避け冷暗所で印鑑ケースに入れ保存する事がおすすめされています。
捺印後も、柔らかい布でよく拭き取り印面に朱肉が残らない様にすることでより長持ちするそうです。

朱肉が残ってしまうと、汚れが積み重なり、固まって鮮明な印影が出なくなってまう恐れがあります。
また、朱肉には油分がある為、特に柘や象牙は油を吸い込んでしまい欠けてしまう原因になります。

ゴム印は、埃が付きやすいので使い古した歯ブラシが効果的です。
印面もゴムなので多少強くブラッシングしても極端に乱暴にしない限りは大丈夫のようです。

また、中性洗剤を使えるので油分も取る事ができます。
ただ、水で濡れた場合は、水分が残らないようにしっかり拭き取りましょう。

シャチハタタイプのインキ内蔵型は、内部からインクが染み出てくる構造なので印面は乾燥はしませんが、常に湿っている分ゴミが付きやすいです。

セロファンテープを使って何度か押すと綺麗に掃除できるようです。
印面は見えにくいですがゴムの部分は細かいスポンジ状になっているので、ブラシは使わないようにしましょう。

どんな印鑑でもきちん手入れせず雑に扱っていたら壊れてしまうでしょう。
特に、天然素材で作られた印鑑はデリケートな場合が多いので、購入する前に、お手入れの方法を知ることも大切だと思います。
正しい手入れをしていれば末永く付き合って行くことができるでしょう。

ページの先頭へ